院長 西村 成文 (Shigefumi Nishimura)
略歴
1993年 神奈川歯科大学卒
1994年 横浜市開業医勤務、その後 副院長として続けて勤務
1998年 江戸川区開業医勤務
1999年 にしむらデンタルクリニック開設
  院長 西村 成文 (Shigefumi Nishimura)
略歴
1993年 神奈川歯科大学卒
1994年 横浜市開業医勤務、その後 副院長として続けて勤務
1998年 江戸川区開業医勤務
1999年 にしむらデンタルクリニック開設
 
当歯科医院ではインプラント、矯正をはじめ、様々な分野の治療をおこなっております。また、一生歯を残すことを最も基本的な考えとしており、歯周病、ムシ歯に対する予防診療にも力をいれております。
インプラント治療をおこなうにしても、全体の噛み合わせや歯周病を治すことも重要になります。一部の事だけでなく、全体を考えて治すことが大切なのです。 
またお子様に関して初めは誰もが恐怖をいだくものです。色々な器具を見て使って練習しそれを反復しながら恐怖を取り除いて治療に入れば処置出来るようになります。小さい頃から歯医者は“怖い” “痛い”というイメージをつけると大人になった時になかなか痛くないと受診しなくなります。歯はひどくならないと痛みが出ずらいので定期的な検診が必要です。 当医院ではお子様には遊びに来て頂く感覚でついでに診療するという環境づくりをしています。

左の図以外にも関節炎等、歯やお口の状態が、お口のみならず、全身の健康も脅かしています。

お口の手入れを心掛け、良く噛み、清潔なお口を保つことで、全身の健康を保つことができます。

寝たきりの方の口の中を専門家に定期的に検診してもらう事により寝たきり度、口臭、飲み込み機能、発音、顔の表情等が改善されたという例もあるのです。

 
歯周病は、歯の根を支える骨が溶けてしまう病気です。大きく分けると、歯肉炎歯周炎に分けられます。
歯槽膿漏の言葉の由来は炎症などによって歯の周囲の組織が破壊され、歯茎から膿や血が出たり、歯がぐらついたりする歯槽骨のあたりから膿が漏れ出してくることから、一般的にはそう呼ばれるようになってきました。
日本人の場合、歯肉炎は10~20代前半ですでに60%、50才代でおおよそ80%の人がかかっているといわれています。だれもがかかっている病気だからといって軽視していると取り返しのつかないことになってしまいます。
ここでは、歯周病の症状と処置をお教えします。

歯肉炎
歯肉溝にプラークがたまり、歯肉が赤く腫れてきたり、出血したりします。歯肉炎の状態が長く続くと歯肉が腫れて歯周ポケットが増加し、その中に歯垢がたまりやすくなります。
   
中等度歯肉炎
炎症が進行して歯周ポケットが深くなります。歯槽骨の吸収も進行してきます。
その結果として、歯の動揺がみられます。
   
進行した歯周炎
歯周炎の末期症状。治療はきわめて難しく、治りや進行が止まる確率もかなり低くなってしまいます。
歯周病の治療と予防には、毎日の適切な歯磨きが欠かせません。
染め出しを行なったブラッシング指導法による自分自身の視覚的なチェックも重要になります。
鏡で見て染め出された部分に歯ブラシを当て、どうブラッシングすれば歯垢がとれるのか自分の体で理解することが必要です。ムシ歯や歯肉炎の原因、経過等を理解し、自主的なブラッシングを目指ざしましょう。